夏秋裕美の Miracle Earth Garden

南アルプスの麓より☆地球が育む小さな奇跡

ソウルギャザリング裏話その2☆光と水のスピリット

庭の池のまわりに、春のお花が咲き始めました。

これはラングワート。

f:id:sacredaroma:20180414215842j:plain

和名は「はいむらさき(這い紫)」

 

その名の通り(なのか?)、

肺の疾患に重宝されてきた薬用植物だそうです。

葉脈が肺の疾患の様子に似ているとか、

花の色がうっ血した肺に似ているとか。

そんな文献もよく見かけます。

植物の姿かたちで現れているものと、

人とを対応させて観察する視点。

内なる宇宙が広がるようで、ワクワクします。

 

f:id:sacredaroma:20180414215752j:plain

この池の水は、

メインは棚田の用水路からの引き込みですが、

岩の間から自然の水が湧きだす水脈もあります。

 

先日わが家で開催したイベント、

「ソウルギャザリング」をリードしてくれた

ウイングス君。

 

ずいぶん池が気に入ったご様子です。

さっそく、自然水が湧く場所をとらえて、

クリスタルを並べて、

マントラを唱え始めました。

 

このマントラは、駒ヶ根に来る前の日、

目覚めた瞬間、聴こえてきたのだそう。

『中心の光へとひとつになる』

という意味のあるマントラなのだとか。

 

わたしはお部屋のお掃除をしていましたが、

お庭から静かにこのマントラが聴こえてきて、

うっとり。

 

すると!!!なんと!!!

光と水のスピリットのような存在が

姿を見せてくれて。

それをYUUKAが動画でキャッチ!

 

↓ぜひ見てみて下さいね。

6分ごろからが特にすごいですよ~!!!

https://www.youtube.com/watch?v=vQStKfvNo8Y&sns=em